このページは HOME > 自然観察日記 > 富士山周辺に生育するラン科植物:その3 のページです。

富士山周辺に生育するラン科植物:その3

[更新日]: 2015年03月03日

富士山周辺に生育するラン科植物:その3

オオバナオオヤマサギソウ(ラン科)Platanthera sachalinensis var.hondoensis
この種は富士山を中心とした地域に主分布地がある。オオバナヤマサギソウよりも一段と花茎は長く最大70cmを超える個体も見られる、距は長く下方に突き出て3cm〜4cm根生葉は2〜3枚が花時でも残っている。富士山周辺では群生地が3ヶ所ほど確認されているが、全国の生育個体数はおよそ250個体程度で絶滅危惧1A類、「生育情報不足」の自治体もある。
「画像」
オオバナオオヤマサギソウ(ラン科)Platanthera sachalinensis var.hondoensis
花茎70cmを超えるオオバナオオヤマサギソウ生育地の集団。富士山周辺に最も多く生育しているが、この集団が最も多く生育個体は約100個体以上と考えられている。


アツモリソウ(ラン科)Cypripedium macranthum var.speciosum 葉は5〜6枚付け、根茎は短く成長すると複数の花茎を付ける。時に1茎に2花をつける事がある。乱獲により近年では野生で見かけることは極く稀になった。

アツモリソウ(ラン科)Cypripedium macranthum var.speciosum 葉は5〜6枚付け、根茎は短く成長すると複数の花茎を付ける。時に1茎に2花をつける事がある。乱獲により近年では野生で見かけることは極く稀になった。

オオバナオオヤマサギソウ(Platanthera  sachalinensis  var.hondoensis)距が長く下方に突き出す性質があり花柄〜子房の部分が180°捩じれている。20〜最大50花を付ける。

オオバナオオヤマサギソウ(Platanthera sachalinensis var.hondoensis)距が長く下方に突き出す性質があり花柄〜子房の部分が180°捩じれている。20〜最大50花を付ける。

コアツモリソウ(ラン科)Cypripedium debile  花柄、子房の部分は捩じれていないが花は逆転していない。地下茎を伸ばして繁殖するため群生する。結実すると花茎は真直ぐ上の伸ばして広く遠方まで種子散布を行う。

コアツモリソウ(ラン科)Cypripedium debile 花柄、子房の部分は捩じれていないが花は逆転していない。地下茎を伸ばして繁殖するため群生する。結実すると花茎は真直ぐ上の伸ばして広く遠方まで種子散布を行う。

ユウシュンラン(ラン科)Cephalanthera  erecta  var. subaphylla 落葉広葉樹林に生育する半寄生の植物と言われていたが、アーバスキュラー菌根との共生関係が見出されている。花は全開せず,半開の状態、花茎は短く、5〜10cm程度。

ユウシュンラン(ラン科)Cephalanthera erecta var. subaphylla 落葉広葉樹林に生育する半寄生の植物と言われていたが、アーバスキュラー菌根との共生関係が見出されている。花は全開せず,半開の状態、花茎は短く、5〜10cm程度。

カモメラン(ラン科)Orchis cyclochila 根生葉が1枚あり、花茎は10cm内外で茎頂に1〜4個の花茎を出して淡赤紫色の花をつける、近年乱獲や鹿の食害によって絶滅の危機にある。群生地は極端に減少している。

カモメラン(ラン科)Orchis cyclochila 根生葉が1枚あり、花茎は10cm内外で茎頂に1〜4個の花茎を出して淡赤紫色の花をつける、近年乱獲や鹿の食害によって絶滅の危機にある。群生地は極端に減少している。

コアツモリソウ(ラン科)基本種と違った変種、基本種と異なる点が5ヶ所ほどあります。昨年の観察会で確認した集団で、今年も固定するか注目している。

コアツモリソウ(ラン科)基本種と違った変種、基本種と異なる点が5ヶ所ほどあります。昨年の観察会で確認した集団で、今年も固定するか注目している。

ホテイラン(ラン科)Calypso bulbosa var.speciosa 1枚の紫褐色〜緑色の縁の縮れた葉を持つ、裏面は鮮紫色、5〜10cmの褐色の花茎に美花を頂生する。唇弁よりも距は長い、距が唇弁よりも短い個体はヒメホテイランと呼び、青森県以北に分布する。

ホテイラン(ラン科)Calypso bulbosa var.speciosa 1枚の紫褐色〜緑色の縁の縮れた葉を持つ、裏面は鮮紫色、5〜10cmの褐色の花茎に美花を頂生する。唇弁よりも距は長い、距が唇弁よりも短い個体はヒメホテイランと呼び、青森県以北に分布する。

フガクスズムシソウ(ラン科)Liparis fujisanensisフガクスズムシソウは深山の古木に着生するため花茎は上方に湾曲している。唇弁も反曲する着生ランです。フガクは富岳で富士山のスズムシソウの意。

フガクスズムシソウ(ラン科)Liparis fujisanensisフガクスズムシソウは深山の古木に着生するため花茎は上方に湾曲している。唇弁も反曲する着生ランです。フガクは富岳で富士山のスズムシソウの意。

アオチドリ(ラン科)別名:ネムロチドリ Coeloglossum  viride var.bracteatum  花茎は直立し茎長15cm〜40cmにもなる。花は緑色を帯びた紫褐色で唇弁は長く先は2裂し下部の葉は広被針形で上部の葉は苞となり上部ほど短い。

アオチドリ(ラン科)別名:ネムロチドリ Coeloglossum viride var.bracteatum  花茎は直立し茎長15cm〜40cmにもなる。花は緑色を帯びた紫褐色で唇弁は長く先は2裂し下部の葉は広被針形で上部の葉は苞となり上部ほど短い。

タカネアオチドリ(ラン科)Coeloglossum  viride var.akaishimontanum アオチドリの高山型で全草緑色、アオチドリよりもやや小型、唇弁は短く先は小三裂する。

タカネアオチドリ(ラン科)Coeloglossum viride var.akaishimontanum アオチドリの高山型で全草緑色、アオチドリよりもやや小型、唇弁は短く先は小三裂する。



ページの先頭へ