このページは HOME > 自然観察日記 > 青木ヶ原樹海でマツラン(ラン科)環境省絶滅危惧Ⅱ類を発見。 のページです。

青木ヶ原樹海でマツラン(ラン科)環境省絶滅危惧Ⅱ類を発見。

[更新日]: 2015年04月05日

青木ヶ原樹海でマツラン(ラン科)環境省絶滅危惧Ⅱ類を発見。

青木ヶ原樹海でマツラン(ラン科)環境省絶滅危惧Ⅱ類を発見。
青木ヶ原樹海のRDB調査の際に樹海内のハウチワカエデの樹上8m付近の苔の着生した樹幹に十数個体のマツランの着生している状態を確認した。この樹木に総数50個体以上が着生している。高所であるため、再度詳細な映像にチャレンジする事にする。
「画像」
マツラン(ラン科)Saccolabium matsuran
右上の※をクリックすると大画面になります。




ページの先頭へ